違う環境でMissing Prefabになるケース

Missing Prefabになるケースはいろいろあると思うけど、Blenderファイルを使っていると相手の環境にもBlenderが入っていないとダメですね。
Blenderを入れてもらって、Projectウィンドウの該当のBlenderファイルを右クリックしてReimportをすればOK!

uGUIでのテクスチャのループ

uGUI Loop

uGUIにてテクスチャをOffsetでリピートさせるには。

・ImageではなくRawImageを使う
・テクスチャのTexture TypeはSpriteではなく、Textureに設定
・テクスチャのWrap ModeをRepeatにする

あとはRawImageのUVRectのx, yをいじるとループされます。

アセットバンドルの利用

アセットバンドルの扱い

アセットバンドルを利用してみたのでメモ。
Unity5では4にくらべてだいぶ楽になったと聞きましたが、それでもなかなか大変ですね。
最終的にはAssetBundle Manager & Example ScenesというUnityから公式で出されたものを利用するのが良さそうです。
このライブラリは2015/09/11に出たのでまだ新しいですね。

まずは自力でやる場合。(Unity5以降)
Continue…

Google Play Marketにて100MB以上のアプリをストアにアップロード

iTunes Storeでは問題ないんですが、Google Play Marketにアプリを登録する際にアプリが100MB以上だとファイルを分割しないといけないらしい。
メインのapkファイルと、obbファイル(Opaque Binary Blob)というものに分ける必要がある。
obbファイルというのは暗号化されたディスクイメージみたいなものらしい。
詳しくはこちら
キノコの自省録 | Expansion Filesについて(1) – obb作成編

分割自体はUnityであればビルドセッティングのAndroidのPublishing Settingsから
split_app_binary
この「Split Application Binary」というのをチェックすれば自動で分けてかき出してくれるので便利。

作られたapkとobbをアップロードすればあとは自動でアプリをインストール時にobbファイルも追加で落としてくれて一件落着…なのですがどうもobbファイルのダウンロードに失敗したりディスク容量やネットワークの関係やユーザーのキャンセル操作で落とされないことがあるらしい…
その際の対処処理は自前で書かないといけなく、そのためのライブラリ「Google Play OBB Downloader」もUnityから提供されている。

これを使って実装をすると
Continue…

Standard Shaderのレンダリングモードの変更

standard_shader_rendering_mode

Standard Shaderにて、透過するときはRendering ModeをTransparentかFadeを選ぶことになる。
Transparentだと反射した部分だけ描画が残るのでFadeを使うんだけど、どうも不透明のときにレンダリング結果がおかしくなる。(画像中央)
なので、不透明の際と透明の際とでRendering Modeを切り替えようとおもって

this.renderer.material.SetFloat("_Mode", 2f);

などで切り替えてもどうも反映しない。
おかしいなと思って調べてみると

Material m;
m.SetFloat("_Mode", 2);
m.SetInt("_SrcBlend", (int)UnityEngine.Rendering.BlendMode.SrcAlpha);
m.SetInt("_DstBlend", (int)UnityEngine.Rendering.BlendMode.OneMinusSrcAlpha);
m.SetInt("_ZWrite", 0);
m.DisableKeyword("_ALPHATEST_ON");
m.EnableKeyword("_ALPHABLEND_ON");
m.DisableKeyword("_ALPHAPREMULTIPLY_ON");

という感じで色々なShaderの値の変更が必要らしい。
参考)
Unity | Answers | Standard material shader ignoring SetFloat property

こちらのサイトの下の方みたいに、拡張として用意しておくと便利。

Any Stateからアニメーションがループする

can_transition_to_self
MechanimでAny StateからTriggerでアニメーションを設定すると動きがループしてしまった。
パラメーター増やしてなにか工夫しないとな〜と思ってたんだけど調べてみたらトランジションのプロパティに「Can Transition To Self」というパラメータがあったのでこれを使えば解決できそうも。

SOOMLA@Unityによるストアの情報取得(値段とか)

課金を行う際に、値段やタイトルなどアプリに組み込むとタイトルの変更や為替の変動による価格の変更に対応するためアプリの再申請が必要になってしまう。
そもそも世界で売る場合は使用しているマーケットの国がわからないので金額が分かりませんね。
なのでマーケット(iTunes Store/Google Play)から直接取得した方がイイ。

SOOMLAだとまずはイベントのリスニング

StoreEvents.OnSoomlaStoreInitialized += this.OnSoomlaStoreInitialized;
StoreEvents.OnMarketItemsRefreshFinished += this.OnMarketItemsRefreshFinished;
StoreEvents.OnMarketItemsRefreshFailed += this.OnMarketItemsRefreshFailed;

this.storeAssets = new StoreAssets();
SoomlaStore.Initialize(this.storeAssets);

そして、初期化完了後にマーケットの情報を取得しに行く。

void OnSoomlaStoreInitialized() {
	#if UNITY_EDITOR
	this.OnMarketItemsRefreshFinished(new List<MarketItem>());
	#else
	SoomlaStore.RefreshMarketItemsDetails();
	#endif
}

取得ができたら自分のストアの設定の情報を取得したMarketItemで上書き。

void OnMarketItemsRefreshFinished(List<MarketItem> marketItems) {
	// ストアの情報を取得したMarketItemで上書きさせていく
	foreach (MarketItem item in marketItems) {
		foreach (VirtualGood good in this.storeAssets.GetGoods()) {
			PurchaseWithMarket purchaseType = good.PurchaseType as PurchaseWithMarket;

			if (purchaseType.MarketItem.ProductId == item.ProductId) {
				purchaseType.MarketItem = item;
			}
	}

	StoreEvents.OnSoomlaStoreInitialized -= this.OnSoomlaStoreInitialized;
	StoreEvents.OnMarketItemsRefreshFinished -= this.OnMarketItemsRefreshFinished;
	StoreEvents.OnMarketItemsRefreshFailed -= this.OnMarketItemsRefreshFailed;
}

ここは…こんな感じでいいのかしら…?
手動でやるのかな?
ストアの情報の取得は稀に失敗することもあるので、何度かリトライさせる必要もありそうです。

Animator.SetFloat()でアニメーションのループが止まる

Animator.SetFloat()にてdampTime, deltaTimeを使用するとアニメーションが止まるケースがある。アニメーションを頻繁に切り替えたり、Unityがポーズされたとき(他のアプリにフォーカスを移したとき)なんかによく起こる気がする。
アニメーションが短いときや、dampTimeが短いときに起こりやすい気もします…
いくつかの条件が重なって起こるんでしょうか…それともまったく別の原因なのか…(謎)