uGUIのサイズ調整


低スペックの端末(Android)でuGUIのテクスチャ素材が多いため落ちる現象が起きました。
本来であればデザイン素材の見直しや、オブジェクトのロード、破棄するタイミングから見直しをするべきなのですが、どうしても時間がなく、テストフェーズも終わってしまったので下記のような対応をしてみた記録。。。

まずはたくさん使われているuGUIのテクスチャのインポートセッティング。
texture_import_settings
パッキングタグを設定しつつ、Max Sizeでそのテクスチャのサイズを小さくなるように設定。
本来、パッキングタグをつけてしまえば同じパッキングタグ同士がアトラス化され、2のべき乗のサイズになるので、Max Sizeを触る意味はないのですが、直接画像の解像度を変更するのはちょっとイヤなので、、、ここで無理やりサイズ調整。
サイズ調整できるのは2のべき乗なので、あまり小さくなってしまうものはサイズを変えず、うまく小さくできそうなものだけ変更。
sprite_packer
そして、Sprite Packerにてすべての画像を確認し、余白が大きいアトラスがあれば頑張ってサイズが小さくなるように、素材を1つ1つ調整。
逆に、いくらMax Sizeを小さくしてもアトラスが小さくならないものは意味がない。
あまり良くない方法ですが、、、緊急対応ということで。

コメントを残す