UIActivityのローカライゼーション


Unityで、Social Connectorを使うと簡単に、UIActivityが呼び出せる。

uiactivity

しかし、表記が英語になってしまう。
info.plistにてLocalization native development regionjaなどに変えれば指定の言語で表記されるようになる。
ただ、Localization native development regionは基本言語なので、ローカライズさせるには

UIActivity

こちらの値を変えたほうがいいかも。
XCodeProjectUpdaterを使う場合には、自分でつけ足す必要がある。
キーはCFBundleLocalizations、値はJapanseではなくja

ちなみに、LINEへの投稿を増やしたい場合には、iOS9以降許可するスキームの設定が必要。
XcodeProjectUpdaterにてApplication Queries Schemesの値を追加してみたけど、うまく反映されていなかった。
みてみたらSetApplicationQueriesSchemesの処理が抜けているようなので(僕が消した??)、その処理も加えて無事LINEへの投稿もできるようになりました。

コメントを残す