Cycles RenderのGPUレンダリング


BlenderでのCycles RenderではGPUでのレンダリングができるようになってる。
そのためにはnVIDIAがグラフィックボードを使って、nVIDIAが提供するCUDAを入れる必要がある。
https://developer.nvidia.com/cuda-downloads

CUDAとはCompute Unified Device Architectureの略でGPU向けの統合開発環境らしい。
ざっくり言うと並列処理の得意なGPUを使って計算させちゃうためのものでしょうか。
Cycles Renderは将来的にはAMDのOpenCLにも対応するそうです。

僕の使っているmacbook pro 15inch 2014 MidではnVIDIA GeForce GT 750Mが使われています。
先ほどのCUDAを入れると、BlenderのUser Preferenceから

gpu_render_user_preference.png

Compute DeviceにCUDAが選択できるようになります。

そしてレンダリング時の設定でもCPU/GPUが切り替えられるようになりました。
gpu_render_setting

早速試してみたところ
GPU 3:09
CPU 2:13

…おや、、遅くなった。
なんででしょ??

CPU/GPUで検証してる動画もあるようです。

テスト用のファイルもあって、このファイルでみなさんCPU/GPUでどれくらいかかったか試しているようです。
http://blenderartists.org/forum/showthread.php?239480-2-6x-Cycles-render-benchmark

コメントを残す